ご用途に合わせてご提案いたします。 販売用・業務用無線機 Q & A

購入は他店でした無線機でも修理を受付けてもらえますか?
大歓迎です。当社では八重洲無線・アイコム・アルインコなど国内主要メーカー代理店です。メーカー直結で修理対応致します。
バッテリーの使用時間が短くなってきた
バッテリーの劣化が進んでいます。バッテリーの寿命はお客様の使用頻度にもよりますが、通常2年程度となります。バッテリーは必ず劣化する消耗品です。リチウムイオン電池は過充電にならないようにご注意下さい。 使用済みのバッテリーは必ず絶縁処理をして専用のリサイクにお出しください。当社でも引取りしています。
業務用無線とはなんですか?
業務用無線とは公共機関から一般企業まで、さまざまな業務連絡のために使用される無線のことで【業務用無線】と総称して呼ばれることもあります。 実際は用途や通信エリアによっていろいろな種類の無線があり、各種の業務用無線は電波法により、仕様や通信の目的を規定されています。

・特定小電力トランシーバー資格・免許など不要で誰でも利用できるが通信距離は100m~300m 
・簡易無線デジタル機には免許局と登録局の2種類がある。【免許局】とは簡易な業務用に使用する場合で、無線従事者の資格は不要ですが、無線局の免許は受けなければなりません。また、【登録局】とは無線従事者の資格は不要で、無線局免許の代わりに「登録」の手続きで利用できるようになります。レジャーなどの用途にも使えます。また登録局は上空用もあります。
※アナログ形式の400MHz帯の簡易無線機は2022年11月に使用できるなくなります。

・一般業務用無線公共性の高い企業向けで、電気・ガス・上下水道や各種交通機関、タクシー・警備・マスコミなどでともに用途ごとの専用の周波数が与えられています。通信の目的が限定され法令で定める点検などの義務があります。
アナログ400MHz帯が使用できなくなる?デジタル化とはなんですか?
2022年(平成34年)11月をもってアナログ形式の400MHz帯(UHF) (465.0375MHz~465.15MHz,468.55MHz~468.85MHz)の簡易無線機、350MHz帯の小エリア無線機は使用できなくなります。ひきつづき簡易無線機を使用される場合はデジタル簡易無線機への切り換えが必要となります。
デジタル化になれば現在使用しているアナログ簡易無線機はどうなりますか?
2022年11月以降はアナログ簡易無線機は利用できなくなります。当社では従来のアナログ方式とデジタルに対応した兼用機の取り扱いもございます。2022年11月まで期間がありますので、それまでは兼用機を少しずつご導入頂き、現在ご使用のアナログ機と合わせて併用して頂くこともできます。デジタル化に移行になった際もスムーズに切替、運用することができます。

取り扱いメーカーhandling maker

対応エリアarea

長野市・松本市・上田市・岡谷市・飯田市・諏訪市・須坂市・小諸市・伊那市・駒ヶ根市・中野市・大町市・飯山市・茅野市・塩尻市・佐久市・千曲市・東御市・安曇野市・南佐久郡・小海町・川上村・南牧村・南相木村・北相木村・佐久穂町・北佐久郡・軽井沢町・御代田町・立科町・小県郡・青木村・長和町・諏訪郡・下諏訪町・富士見町・原村・上伊那郡・辰野町・箕輪町・飯島町・南箕輪村・中川村・宮田村・下伊那郡・松川町・高森町・阿南町・阿智村・平谷村・根羽村・下條村・売木村・天龍村・泰阜村・喬木村・豊丘村・大鹿村・木曽郡・上松町 ・南木曽町・木祖村・王滝村・大桑村・木曽町・東筑摩郡・麻績村・生坂村・山形村・朝日村・筑北村・北安曇郡・池田町・松川村・白馬村・小谷村・埴科郡・坂城町・上高井郡・小布施町・高山村・下高井郡・山ノ内町・木島平村・野沢温泉村・上水内郡・信濃町・小川村・飯綱町・下水内郡・栄村