STAFF BLOGスタッフブログ

購入か!?レンタルか!?

2018.07.02

関東甲信地方が梅雨明けしました。暑い日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか? 電波コールのある長野市も梅雨があけました。昨日、屋外の電光掲示板の温度計は37度をさしていました( ゚Д゚)

今回は無線機を購入か!?レンタルか!?というテーマでお届けしたいと思います。

このテーマについては各種団体の責任者様、企業の担当者様、イベントの責任者様などなど、無線機が必要と判断したときに必ず一度は考えるテーマではないでしょうか?

電波コールのお客様にも購入~レンタルまで様々な選択をされるお客様がいらっしゃいます。 

 

①購入を検討しており、来年の予算に入れる予定でデモ機をご利用して決定

②購入を検討しており、同スペックのレンタル機を一定期間お貸出し後決定

③購入を検討していたが、予算がとれずレンタルで5年間の長期運用

④使用期間が、冬季のみ、年間での利用が4カ月程なのでその間だけレンタル運用

 

書き出してみると、購入か!?レンタルか!?の意思決定までにはざっくりと

 

・利用期間(毎日、毎週、期間限定)

・予算

 

が深く関わっており、それらを明らかにすることで購入とレンタルどちらがいいのか決定できるのではないかと思います。

まず購入の一番のメリットは一度購入してしまえば、あとは毎年の電波利用料が1台600円と5年毎に何台でも2,900円しかかかりません。(デジタル簡易無線登録局の場合)

しかし、このメリットの ”一度購入してしまえば “ はデメリットにもなり得ます。それは【予算】です。運営には予算がつきものだからです。予算がとりずらい、承認に時間がかかるという場合もあると思います。現場では今すぐにでも欲しい、使いたいなどと要望があっても、それが叶わない場合もあります。そういった場合には長期レンタルをおすすめします。なぜなら弊社のレンタルプランは長期がとてもお得に設定されているからです。

 

電波コールの長期レンタル例(1台/オプションなし)

①4カ月レンタルの場合 → 1日1台120円 (30日/3,600円)

②6ヵ月レンタルの場合 → 1日1台100円 (30日/3,000円)

③1年を超えるレンタルの場合 → 1日1台80円 (30日/2,400円)

 

いかがでしょうか? 新しく購入をしたいけど予算が、、、というお客様、電波コールの長期レンタルプランを是非参考になさってみてください!

無線業界は2022年11月30日をもって電波の有効利用のためにアナログの400MHz帯(UHF)簡易無線機が使用できなくなります。引き続き簡易無線機を使用される場合はデジタル簡易無線機への切替が必要となります。同様に新簡易無線(小エリア無線)も2022年11月30日が使用期限となります。

あと4年ありますが、該当するお客様もご参考までに。是非お問合せ下さい!

取り扱いメーカーhandling maker

対応エリアarea

長野市・松本市・上田市・岡谷市・飯田市・諏訪市・須坂市・小諸市・伊那市・駒ヶ根市・中野市・大町市・飯山市・茅野市・塩尻市・佐久市・千曲市・東御市・安曇野市・南佐久郡・小海町・川上村・南牧村・南相木村・北相木村・佐久穂町・北佐久郡・軽井沢町・御代田町・立科町・小県郡・青木村・長和町・諏訪郡・下諏訪町・富士見町・原村・上伊那郡・辰野町・箕輪町・飯島町・南箕輪村・中川村・宮田村・下伊那郡・松川町・高森町・阿南町・阿智村・平谷村・根羽村・下條村・売木村・天龍村・泰阜村・喬木村・豊丘村・大鹿村・木曽郡・上松町 ・南木曽町・木祖村・王滝村・大桑村・木曽町・東筑摩郡・麻績村・生坂村・山形村・朝日村・筑北村・北安曇郡・池田町・松川村・白馬村・小谷村・埴科郡・坂城町・上高井郡・小布施町・高山村・下高井郡・山ノ内町・木島平村・野沢温泉村・上水内郡・信濃町・小川村・飯綱町・下水内郡・栄村