STAFF BLOGスタッフブログ

最強のポケベル波で地域の防災対策

2017.10.16

こんにちは。本日のブログ担当の小池です。

めっきり秋らしくなりました。台風21号も発生しているようでこの冷たい秋雨はまだ続きそうです。

昨日2017年10月15日に放送の「かっちりマンデー」で、かつてポケットベル事業者としては先駆け的存在の東京テレメッセージの現在を特集していました。

私も高校生の頃にピンク色の透明な同社のポケベルを利用していました。公衆電話の前に行列ができていたあの光景(笑)、懐かしいです。ポケベルといえば女優の広末涼子をイメージしますが、この方はドコモのポケベルに出演していたようですね。

 

同社は1997年頃からポケベルの衰退は皆様ご存知のとおり、現在は最新のポケベルビジネス、防災ラジオ事業でガッチリ!のようでした。この防災ラジオの最大の特徴はポケベル電波(無線呼出し)280Mhz帯を使用していることです。

 

電波を扱う機器はそれぞれに周波数が与えられています。

例えばFMラジオは76~95MHz

デジタル簡易無線機(登録局)351.2 ~ 351.38125 MHz

スマホは800MHz帯

ポケベルは280MHz帯

周波数の数字が高いほど電波は短く、数字が低いほど電波な長く飛ぶことになります。

 

そしてこのポケベル波の大きな特徴は

・通信距離がながい(スマホより遠くに届く)

・1つの基地局でカバーできる範囲が広い

・文字データは音声データに比べてはるかに電波をキャッチしやすい(屋内に入りやすい)

・自治体や国家機関のための非常時通信システムとして設計したものであり、通信の安定性が非常に高い

 

現在は防災無線のデジタル同報無線も280MHz帯を利用している自治体もあるようです。60MHz帯に比べ音声も明瞭で聞き取りやすいうえに通信距離も狭まらず、設置も簡単ということで選ばれているようです。

私の住んでいる長野市の同報無線もいつも聞き取りづらく、お年寄りは何か聞こえるけど、、ぐらいで聞き取ることができない方も大勢いらっしゃるのでは?といつも思います。

一人暮らしのお年寄りも多いので、町の設備の補助的なものとしてこの防災ポケベルの整備がすすめばいいなぁと思います。

ちなみに機器代金1台17500円だけで月々の電波使用料はとられません。

 

 

 

取り扱いメーカーhandling maker

対応エリアarea

長野市・松本市・上田市・岡谷市・飯田市・諏訪市・須坂市・小諸市・伊那市・駒ヶ根市・中野市・大町市・飯山市・茅野市・塩尻市・佐久市・千曲市・東御市・安曇野市・南佐久郡・小海町・川上村・南牧村・南相木村・北相木村・佐久穂町・北佐久郡・軽井沢町・御代田町・立科町・小県郡・青木村・長和町・諏訪郡・下諏訪町・富士見町・原村・上伊那郡・辰野町・箕輪町・飯島町・南箕輪村・中川村・宮田村・下伊那郡・松川町・高森町・阿南町・阿智村・平谷村・根羽村・下條村・売木村・天龍村・泰阜村・喬木村・豊丘村・大鹿村・木曽郡・上松町 ・南木曽町・木祖村・王滝村・大桑村・木曽町・東筑摩郡・麻績村・生坂村・山形村・朝日村・筑北村・北安曇郡・池田町・松川村・白馬村・小谷村・埴科郡・坂城町・上高井郡・小布施町・高山村・下高井郡・山ノ内町・木島平村・野沢温泉村・上水内郡・信濃町・小川村・飯綱町・下水内郡・栄村